FX情報商材リンク集

恋スキャFXビクトリーDX完全版

FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版

    【商材説明】
    たった2種類のインディケータを使うだけで、トレンドとレンジの境界を把握し、レンジの往復で毎回稼げるようになるのです。頭から尻尾を取ろうとする非現実的な損小利大ロジックではなく、かと言って、一度の負けで資金を失うような損大利小ロジックでもなく、勝ちやすいとこだけにエントリーする高勝率手法になっています。これまでのスキャル商材はというと、トレンドの発生を待ちに待って、発生に合わせてエントリー。その後、すぐに損切りしてるんですが、それだとなかなか勝てないわけです。ハッキリ言って、相当熟練しないと勝てません。 しかしこの恋スキャは上に特徴を書いたとおり、全体の7割とも言われているレンジ相場(どっちに動くかわからないだらだらとした相場)からぱぱっと利益を抜き取る手法なので、他の商材に比べてチャンスがとても多く、空いた時間にぱぱっとトレードができるので、FX初心者だけではなく普段デイトレをしている上級者まで、どなたでもすぐに取り入れることができるわけです。ゲーム感覚でレンジを往復して稼げる手法を手に入れたとしたら、あなたはまさに、”スキャルに恋してワクワク”する状況になるでしょう!>>続きを読む

FXバックドラフトPRO

【2500人以上が愛用!】『くまひげ先生』の【最新版◆FXバックドラフトPRO】高精度売買シグナル

    【商材説明】
    テクニカル分析やシステムトレードの出すシグナルの大きな問題点として、海外のトレーダー間でも大きく話題になることに、リペイント(repaint:再描画)という現象があります。これは、時間の経過とともに、適切なシグナル位置まで移動するものです。ロウソク足の更新に伴い、悪いシグナルが全て消え、最終的に良いシグナルに変わるもので、この類のシグナルでは、まず勝つトレードをおこなうことは難しいといえます。再描画するシグナルやインディケーターは、シグナルが出た時点では、エントリーに値する精度のシグナルではないため、通常、相場が反対方向に行くことになりますので、その足の終値時点でのシグナルは消え、次の足でまたシグナルが出るということ何度も繰り返す訳です。リペイントするインディケーターやシグナルでは、適切なシグナルが出るまで、5本〜10本以上もロウソク足を移動するものも少なくありません。多くのテクニカルやシグナルがこれにあたりますので、ここで初めてお知りになった方は、リペイント(再描画)を起こすインディケータやシステムには十分注意し、使用の条件を限定することが重要です。>>続きを読む

FX情報商材リンク集 TOP